DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

配偶者居住権

配偶者居住権とは、夫婦の一方が亡くなった場合に、残された配偶者が、亡くなった人の所有していた建物に、亡くなるまでまたは一定の期間、無償で居住することができる権利です。

配偶者居住権は、令和2年4月1日以降に発生した相続から新たに認められた権利です。

建物の権利を「所有権」と「居住権」に分けて考え、別々に相続できるようになり、残された配偶者が建物の所有権を持たなくても、一定の要件のもと、居住権を取得することでその建物に引き続き住み続けられるようになりました。

なお、配偶者居住権は、第三者に対抗するためには登記が必要となります。